高収入の男性と結婚する方法

私の友人に、まさに「結婚の達人」と呼ぶにふさわしい女性がいます。

女性の生き方もいろいろありますし、好きずきですが、
高収入の男性の妻として裕福な人生を送る’というのもありだとは思います。
まさに彼女はその一点を追求した活動をしました。

何の努力もなくたまたま高収入の男性と結婚できるなんて甘いことは考えない。
必然として高収入の男性と結婚するノウハウ、行動を実践しました。


まずは出会い。

偶然なんかに頼ってたら300年はかかってしまいます。

そこで彼女は徹底的にセレブパーティー
に通いつめました。

それこそ平均週5回!(平日1回、土日に2回ずつ)

しかも見込みのなさそうなパーティーに当たってしまったら、即帰って他のパーティーに当日予約&参加。

なぜなら「私自身が一番高く売れる時期は限られてる。見込みのないパーティーに最後まで参加してるのは時間がもったいないから。」
だそうです。
う〜ん、徹底してます。

そのほかにも、そういったセレブな男性と話が合うように、常に様々な勉強もしました。
例えば、一点くらいはビジネスの上で得意分野の知識を深くし、男性に一目置かれるようにする。(馬鹿な女と思われないよう)

しかし、決して出しゃばらない。
知識のひけらかしは絶対NG


そして、これはと思った男性が現れたときの行動の早かったこと!

当然ですが速攻で妊娠→結婚。まさに電光石火!


おかげで彼女は念願のセレブライフを満喫しております。

まさに努力で掴んだ成功です。


彼女の成功ノウハウはそのまま本になるくらいすさまじいし、徹底してました。

今回は、キリがないのでほんの一部を紹介させていただきました。


それなりのものを手に入れようとするなら、それなりの努力が必要

これは結婚でも当然あてはまる真理ですね。


誰でも幸せなセレブになれる「恋愛成功変身術」

結婚に対する男女の温度差(30代)

今回は男女の結婚に対する温度差についてです。

私や妻の年齢(30代前半)くらいの歳だと、特に女性は結婚を強く意識した交際をするものですが、ここで男女の意識の差が如実に表れますね。

もちろん、個人差があります。
それに、妻はいわゆる一流企業の一般職というやつで、ことさら結婚願望が強い(そのわりに同僚のほとんどは未婚だそうですが)ということもあるかもしれません。
しかし、

「この歳でつきあうんだから、その先に結婚があるのがあたりまえだ」

という考えはいかがなものか。
個人の意見としてそう思うのは別にいいんですが、

「男だってそう思ってるはず」と思い込んだり、なかなか結婚を切り出さない男を責めるのは酷というものです。

だって女性はそれこそ会社に入社してから数年間、人生で最もモテる時期を経験し、さんざん好きなことをしてきたじゃないですか。

貴女にも経験がありませんか?とにかくモテた時期があったことが。

最近はその人気もかつてほどではなくなってきたし、合コンの誘いも減ってきたし、遊びもそろそろ控えるかな、だからそろそろ結婚を、というのはちょっとムシが良すぎます。

同世代の男性は、やっとモテはじめる年頃です。
ソコソコの収入も得られるようになって、やっと経済的にもかなり自由がきくようになってきました。

仕事もできるようになってきたし、精神的な余裕(大人の余裕ってやつ)も感じられるようになってきました。
(だからモテるようにもなるんです。女性の扱いも格段にうまくなってるし。)

男はわざわざこのタイミングでは結婚したくないですよね。
やっと巡ってきた男の春なんですから。


ちなみに、妻は結婚が決まったことを友人に報告すると、100%

「おめでとう!」と言われたそうです。

私はというと、

「デキちゃったのか?」が一番多いコメントで、
「よく思い切ったな」「もったいない!」「これからたいへんだな」「ついに年貢の納めどきか」

という声が多かったです。

これが男女の結婚に対する温度差なんですね。


なんで私はその時期に結婚したか。それは、その歳の何月までに籍を入れたら1年間だけ家賃補助がもらえる、という話があったから。

そんなもんです。

男にとっては何らかの事情やきっかけ、があって、「じゃあ結婚するか」となるもんです。

例)彼女の妊娠、転勤、独身寮を追い出された、アパートの更新がもうすぐだetc

この歳だからあたりまえ、と言って結婚した男性は少ないんでは?


この世代の男性からプロポーズされたい貴女、根気と戦略が必要ですよ!

あっ、でも私は結婚して今すごく幸せです!!



【結婚してから悩むな!】姑と嫁が大喧嘩!?

先日実家に帰ったときの話です。
実家の近所の母の友人の息子が、つきあってる女性を妊娠させたそうです。
で、その彼女が母の友人(つまり彼氏の親)に挨拶にきたときの話です。

もっぱら話をするのは彼女と彼の母だけ。
しまいには怒鳴りあいになったそうです。
なのに彼はオロオロするだけで、自分はどう思ってるのか何も言えない。

彼の母は、「彼はまだ子供なんだから子供なんて産めない」の一点張り。

彼女は「じゃあ堕ろせばいいんでしょ!」と、怒鳴る。

彼はオロオロ。


おかしいですよね。

なぜ、彼の母は自分の息子と話さないのか。
その彼女はいずれ自分の娘になるかもしれない存在だと、なぜわからない?

彼女はなぜ彼と徹底的に話し合わずに、将来母となるかもしれない人に喧嘩腰になるのか。

そもそも間に入って、場をコントロールすべき彼の態度はなんなんだ!

一番の問題は、いうまでもなく彼です!


結婚を考えてる女性にくれぐれも忠告します。


「こんな男と結婚するな!

100%嫁姑問題で苦労する!」



【新刊】今すぐその彼氏と別れなさい!貴女を勝ち組セレブ人生に導く裏法則

結婚記念日 妻に感謝

先日、結婚記念日を迎えました。
2周年です。

年配の方から見るとまだまだでしょうが、この2年で妻から教わることはたくさんありました。
新しい世界や価値観を教えてくれた妻に感謝です。

結婚記念日は、式を挙げたレストランで食事をしてきました。


離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法


結婚したら子供は産むもの?

最近でこそ、結婚披露宴のスピーチで

「早く子供を・・・」

などと無粋なことを言う人は減りましたが、子供を産みづらい環境というのも問題ありますよね。

さいわい私たち夫婦は、「子供はできなければできなくてもいい」という考えで一致しているので、流れに任せてみようと思ってます。
(むしろまだ当分いらないかな)

結婚・出産に関するこんな統計があります。

「出生前後の就業変化に関する統計」の概況(厚生労働省)

う〜ん、母は出産1年前までは約8割が正社員として働いてたのに、出産時の就業率は約23%・・・

いかに産休育休制度が充実してないか。

ほんの一部の大企業くらいしか浸透してないのが現状ですね。


なんとかならんもんでしょうか。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。